あなたが経営者なら「社会保険料の負担が重い・・・」と、一度はお感じになったことがあるかもしれません。
社会保険の料率は、個人では給与の約15%、法人負担分も約15%で、利益に関係なく毎月一定額発生する固定費ですから、資金繰りに与える影響は大きいです。
平常時でそうですから、売上げが少しでも落ちればなおさら響きます。
今は良くても、今後売上げがどうなるかわからないのが中小企業です。
今のうちに「何とか社会保険料の負担を減らせないか・・・?」とお考えになったてもおかしくありません。
社長、役員、従業員様のお重くなり過ぎた社会保険料を適正化し、会社と個人の負担を和らげるノウハウです。

おすすめの記事