理学療法士・作業療法士・看護師・柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師の学生のための『超』効率勉強法です。
中学生でも簡単に身に付けられる内容ですが、一度身に付けてしまえば一生もののスキルとなります。
もし、あなたにお子さんがいるとしたら、お子さんに勉強法を教えられるようになります。
学生の中には、主婦や社会人から学生になった人、高校生や大学生から医療系大学や専門学校の学生になった人がいます。
その中には勉強が不得意な人が思った以上に多く、国家試験合格するかどうかの不安だけではなく、学内テストで赤点をとらないでいられるかという不安を持っている人が少なくありません。
もちろん、学生さんたちは真面目な人が多いので、勉強をしないで試験に臨むという人はほとんどいません。
しかし、定期テストも不安、国家試験も不安、そういった状態に陥ってしまいます。
その理由は、正しい勉強法を知らないからです。
そもそも学校では使いもしない高額な参考書や問題集を売り中間マージンを収益にするところもあります。
ハッキリ言って、高額な参考書や問題集は必要ありません。
そして、正しい勉強法を知りさえすれば、勉強に割く時間も少なくて済み、余った時間を医療系学生で大切な技術やコミュニケーションスキルの向上に使うことができます。
中には、勉強に精神的な不安を生じ鬱になる学生や、家庭での時間をないがしろにしたために家庭崩壊の危機に直面する学生もいます。
考えてみれば、私たちは小・中・高と「勉強をしなさい」とは言われますが、どのように勉強するのかという勉強方法は教えてもらえません。
だからこそ、点数がとれる・とれないという「差」が生まれて、それが評価基準になるのですが、そもそも正しい勉強法を知り、それを行えばだれでも成績がアップできるということが分かりました。
この「医療系学生のための『超』効率勉強法」は、その根本的な正しい王道的な、しかも効率的な勉強法を中学生でもわかるように動画解説している内容となります。
ですので、内容的には医療系学生に限定されるものではなく、中学生や高校生でも使え得る内容ですが、医療系学生はそれまでの人生では味わったことのないくらいの暗記量が課せられます。
勉強で悩むなんて、人生ではもったいない。
国家資格を取ってからがやりたいことの始まりなのに、その前でつまずくなんてもったいない。
だからこそ、もう学内勉強というつまらないことで悩むのはやめてほしいと思い、順序立てて勉強法を詳しくお伝えしました。
準備から始まり、入力と出力を具体的にどのようにしていくかも解説しています。
この通りに行えば、勉強の不安はなくなりますし、学内テストや国家試験もスムーズに合格できるようなイメージを持つことが出来るようになります。

おすすめの記事