保育士試験の筆記試験における「難関科目」は、試験回ごとに入れ替わる状況ですが、「教育原理」だけは、7〜8年前から、ブレなく、「難関科目」の地位を維持しているといえるでしょう。
しかし、1〜2問の難問を落とすのは仕方がないとして、準備できる部分は今までよりも手広く準備する、「妥協」の気持ちを捨てることで、壁は乗り越えられるものと考えられます。
「リベンジセット教育原理」は、このような「教育原理」の難化に対応し、「妥協」を捨て、「教育原理」に合格するために十分な質・量を備えた教材なのです。

おすすめの記事