衝撃の事実が告白されました。
「この部材は定価120万円です。でも私がやると原価7万円です」
わずか17分の1のコストでリフォームができる。
現役建築士の発言に会場にどよめきが走りました。
ご存知のように中古不動産の成功のカギはリフォームの技術です。
リフォームのやり方次第では、無駄な出費を根こそぎ削減することでライバルが買えない物件も買えます。
そして、利回りも20%、30%と劇的にアップすることも可能です。
事実、私たちは放置されたオンボロ物件をタダ同然で買い、激安リフォームを施すことで数々の物件を買ってきました。
素人投資家たちがリフォーム費用にビビっている中、涼しい顔で買い漁ってきたのです。
たとえば、昨年購入した以下の物件は、相場300万円は最低必要といわれたリフォームを半値の約150万円で完成しています。
そのために、ライバルが躊躇して悩んでいる間に私は千葉市の一等地に物件を購入することができました。
その施工内容は、キッチン新品、お風呂新品、壁紙全取り換え、間取り変更、漆喰、フローリング施工、湯沸かし器新品、水道管、ガス管の総交換などなど・・・。
フルリフォームを半値以下でしています。
そのおかげで、入居募集開始1ヶ月で入居者がきまり、今では毎月、毎月、固定給が入金されています。

おすすめの記事