私本「相続法の未来」は、民事訴訟法第318条(上告受理の申立て)を経て、民法相続を抜本的に改正したもので、著作権を有するものです。
これは、公平で円滑な相続の実現、相続権の侵害を未然に防止すると共に、相続権を侵害された人々の救済を行うことを目的として、コンパクトな63条にまとめたものです。
弁護士、その他の専門家の方々には、相続に関する紛争の現場での解決方として、ご利用いただけるものと考えています。
相続とは、権利主張の争いのためではなく、遺産分割の基準にのっとった分け合う精神が重要です。
遺産分割の基準で最も重要なことは、遺産の種類や性質、各相続人の職業、年齢、心身の状態及び経済的状況、その他一切の事情を考慮することです。

おすすめの記事