不動産キャッシュフローシュミレーターの使い方は様々です。
不動産投資はまだ早いと感じている方でも、ちょろっと住宅ローンの月々支払額を計算してみたり、何年後かに金利が変動した場合にどれだけの影響があるのかを入力してみるのもよい勉強になります。
もちろん減価償却費がどれだけキャッシュフローに関わってくるのか、その物件を購入した場合の手取り額はだいたいいくらぐらいで、税金支払いはどんなものなのか。
自己資金額をどこまで減らせるのか。
借入金はいくらぐらいまで借りられそうか。
借入方式は元利均等支払いと元金均等支払い、どちらのが有利だろうか。
そんなあなたの「ちょっとした疑問」にばっちり数字で答えるツール、それが不動産キャッシュフローシュミレーターなのです!

おすすめの記事