和食で御飯に味噌汁がつき物のように、洋食にはスープがつきものですね。
しかもこれが奥深い。コンソメ、ブイヤベース、ポタージュなど、有名どころでもいろんな種類がありますし、そのそれぞれが作り手の個性が出て店やおうちによって味も様々にかわります。
スープがうまいお店は、メインもおいしくいただけ、印象に残りませんか?
また、最近はスープストックのように、スープ専門店も登場しました。
そこで、美味しいスープをつくれるようになりたいというプロの方に、とっておきの料理教材を紹介します。
この「秘伝のスープレシピ」の作者・千葉等氏は、ホテルオー○ラのシェフを経て、ご自分のフレンチレストランのオーナーシェフとなり、最近はコンサルタントとして奔走されている方です。
「秘伝のスープレシピ」では、まずベースとなるブイヨンとしてオリジナルブイヨンとチキンブイヨンの2種類のレシピを公開しています。
続いて、フランスの田舎風スープ、ガーリックスープ、チキンブロス、クラムチャウダー、ミネストローネの5種類のレシピの作り方が説明されています。
このうちの2つについては、材料だけですがホームページに掲載されていますので、これだけでも参考になるかも。
必然、このレシピは本来千葉さんのコンサルのお客さんか千葉さんのお店のコックにしか公開されない門外不出のものです。
それがこの価格で入手できるというのはなんともお得なお話です。
さらに、一般の書籍と違うメリットですが、この「秘伝のスープレシピ」では購入後30日間メールサポートがついていますので、買ったらスグに練習して、わからないことがあったらどんどん質問しましょう。

おすすめの記事