ラインアートパズルは、ジグソーパズル、お絵描きパズル、数独やナンプレ、クロスワードパズルといったパズルの範疇に属するパズルです。
といっても、新しく考えた、全く新しいパズルです。
お絵描きパズルは、升目を塗りつぶしていくと、絵が浮かび上がってきますが、本パズルは点同士を線で結んでいくと、線画(ラインアート)が浮かび上がってきます。
どの点とどの点を結ぶか、 それがこのパズルの本質です。
ジグソーパズルは、1ピースが1つの面でできており、この面を繋いで大きな面を作ります。
本パズルは、1ピースが点とその点から出ている線でできていると考えてください。
このピースを升目上の点に当てはめて1つの大きな線画を作るパズルです。
当てはめるといっても、自分で鉛筆などで線を描いていくのですが。
ジグソーパズルは、ピースとピースの繋がりは1種類(正解でないピースは繋がらない)
しかありませんが、このパズルは、当てはまるピースが複数ある事があります。
最終的な正解はただ一つのみです。それ以外はどこかで矛盾が生じます。
ここが、ジグソーパズルと違って頭を使うよりパズルらしい点です。

おすすめの記事